You are here: Home / Archive

作成者別アーカイブ: SLcat7uK

You are here: Home / Archive

ロシアンブルー

ロシア皇帝やイギリス女王に愛されたロシアンブルー

ロシアンブルーはロシアに土着の猫が祖先とされ、北極圏に近い島の原産との説もありますが、定説とはなっていません。
英国に渡ったころには既に別の呼び名でキャットショーに出されていたそうです。
ロシア皇帝や英国ビクトリア女王に愛された猫とされ、気品あふれる美しい容姿は猫愛好家の心を捉えました。

そして繁殖が盛んに行われていきフォーリンブルー(外国の青猫)という名前で登録されました。
第1次世界大戦、第2次世界大戦の時代には、世界中が食糧難となり、ペットの猫の個体数が減少します。
ロシアンブルーは、純血種維持が困難なほどにまで激減します。
戦後になるとロシアンブルー復活を目指し、異種交配が進められることになりました。

20世紀の初めには米国に渡りましたが、米国のブリーダーたちは英国で交雑が行なわれていたロシアンブルーと、北欧のスカンジナビア地方に残っていたロシアンブルーを輸入して、育種が進められていきました。

特徴的な目とその性格とは

ロシアンブルーV字形の小さな頭とグリーンの大きな目が特徴です。
先が尖った両耳の間は離れて、ピンと立ちあがっています。
小さな顔に口角がきゅっと切れ上がった口元は、見方によっては微笑んでいるような印象を受けるため、ロシアンブルーの顔立ちを「ロシアン・スマイル」と呼ぶことがあります。
短毛で、細く滑らかな毛に覆われ、尻尾は長く、四肢は細く引き締まり、スレンダーな骨格にしなやか筋肉をまとった、中型猫です。

ロシアンブルーは、まるで犬のように「飼い主に忠実な性格」とよく言われます。
その一方、高いプライドを持ち、気まぐれで、信頼関係を持つ飼い主が他の猫をかわいがると嫉妬するなど、いわゆる猫らしい性格も持っています。
性格的には気難しい面も持っており、誰にでも懐いていくことはなく、家族の中でも相手を選ぶ傾向にあります。
また、あまり鳴かない猫として有名で、「ボイスレス・キャット」との異名も持ちます。

ロシアンブルーの特徴がよくわかる動画

ロシアンブルーの魅力がよく表れている動画がありました。
https://goo.gl/KxgCwy
横になった飼い主の上に乗って、のど元周辺を撫でられていると、大きな丸い目をキュッと瞑って、気持ちよさそうです。
声を出すこともなく、じっと飼い主の上から動こうとしないところを見ると、きっと飼い主を信頼しきっているのでしょう。

引き締まった体、引き締まった顔立ちにピンと立ち上がった両耳が高貴なイメージを強く表しますね。
こんな気品ある猫の信頼を得て、間近で可愛い様子を見せてもらえるって幸せですよね。
猫と過ごす時間だけでもロシア皇帝やイギリス女王になった気分です。

アメリカンショートヘア

ブリティッシュショートヘアが祖先猫のアメリカンショートヘア

アメリカンショートヘアの祖先であるブリティッシュショートヘアは昔から存在する猫で、欧州のヤマネコが英国に渡りスコットランドヤマネコとなり、それが変化した猫と考えられています。

ブリティッシュショートヘアはメイフラワー号に乗せられ、欧州からの移民と共に北米大陸に渡りました。
この猫達がアメリカンショートヘアの基礎となったのです。
元々はペットとして渡ってきた訳ではなく、穀物倉庫を荒らすネズミ退治をするワーキングキャットとして飼われました。
ネズミを捕まえるハンターとしての能力はとても高く、多くの農場や家庭で引っ張りダコだったそうです。

この時代はまだ、ペット目的での需要はなかったため、純血種ではなく異種猫との交雑であったことから、アメリカンショートヘアは猫の中では遺伝疾患の割合が低い強い猫になったと考えられています。
米国の農業において穀物管理の手段が発展するにつれ、ネズミ駆除のハンターとしての役割は不要となります。
しかし、その後は米国の猫の愛好家達によって品種の確立が進められることになります。

アメリカンショートヘアの特徴と性格

アメリカンショートヘアは中型の猫種で、脚が太くガッチリとした体躯を持ちます。
端正な顔立ちで、尻尾は長く、短毛ですが厚い被毛です。

性格は明るく賢いのですが、やや慎重で、警戒心があり、家族以外の人にはすぐにはなつきません。

本来の習性から見える魅力

アメリカンショートヘアが飼い主と「イタチごっこを」をして遊んでいる動画を見つけました。
https://goo.gl/KxgCwy
動画を見れば見るほど、どちらが遊んでもらっているのかわからなくなりますね。
よそ見をしていても抑えられている手を抜くと、すぐに抑え返されます。

これは、ネズミなどをハンティングして抑え込むという、この猫が生まれ持つ習性から来るのでしょうね。
ネズミにとっては、一度捕まったらなかなか逃げられそうにありません。

アメリカンショートヘアの上手な飼い方

アメリカンショートヘアは、品種が確立したのち、家庭のペット用猫として改良が続けられてきたものの、優れたハンターとしての資質は引き継いでいます。
小さいとは言えない体で走り回って遊ぶことは、ストレス解消や健康維持のために欠かせません。
特に、若猫時代までは、十分なおもちゃで遊んであげる必要があります。
キャットタワーは土台の安定したモノを用意してあげましょう。

また、太りやすい体質なので、バランスのとれた食事の管理が大切です。
自立心が強く、むやみに触られるのを嫌う個体もいますが、気を引こうとして食べ物を与え過ぎないようにしましょう。
短毛で被毛は厚いのですが、普段の手入れは大した手間はかかりません。
しかし、毛が生え替わる時期は丁寧なブラッシングが必要です。

ペルシャ

古い歴史を持つペルシャ

ペルシャは、純血種の猫で最も古い品種の1つに数えられ、その起源は定かではありません。
象形文字が使われた時代の古代文書にもペルシャを連想させる猫が記述されています。
従来の定説では、トルコを通ってイタリアへ入った猫がペルシャだと考えられていました。
しかし、最新の遺伝子研究により、ペルシャは西欧で成立した猫種ではないかとの説が有力になりつつあります。

18世紀頃には欧州各国の上流家庭で飼われる人気のペットとなり、英国で初めて行われたキャットショーに出され、19世紀には米国にまで輸出されています。
19世紀以降、長期にわたり、安定した人気を博していたペルシャですが、20世紀になると、より鼻が低くなるように交配が進められました。

ペルシャは他のいろいろな新しく作出される猫種の基礎に使われたり、異種交配の相手としても活用されてきた歴史があります。
歴史が古いだけに、様々な猫種の祖先となっている可能性があるのですね。
ペルシャが基礎である新種の猫種には、シャムとペルシャのハイブリッドで誕生したヒマラヤンやチンチラ等が有名です。

ペルシャの特徴や性格

ペルシャはフワフワ・モフモフの豊かな長毛に全身を覆われ、足は短足、ゴールド色の目は大きくパッチリで、鼻は低く、両耳の間は離れています。
短い体長ですが筋肉もきちんと付いている中型の猫です。

鼻の高さによって、伝統的なタイプのトラディショナルと、それよりさらに鼻が低いエクストリームの2つのタイプに分かれます。
成体の標準的な体重は3~5kg程度です。

性格は穏やかで落ち着きがあり、いかにも「上品」という表現が似合います。
人に甘えすぎず、かといって神経質でもなく、人との距離をうまくとってくれます。
短足なこともあり、高い所に上りたがることはなく、大声で鳴いたりもしませんので、存在を忘れるくらいの静かさも、上品さを際立たせます。
ゆったりとくつろぐことが好きなので、あまり興奮することもありません。
自立心も強いので、1人での留守番でも寂しがりませんが、飼い主家族はきちんと認識していますので安心ですよ。

可愛らしさがたまらない

そんなペルシャでも感情をハッキリ表すことがあるようです。
その動画がこちら。
https://goo.gl/z2xPfT
しばらく放っておかれて遊んでほしいのか、飼い主の足元に寄ってきて、足に首元から身体を繰り返し摺り寄せている、動画がありました。
それでもしばらく遊んであげないと、足元に座り込み大きな目をさらに大きく丸くして飼い主をじっと見つめていて愛くるしくて何とも言えません。

おねだりするように足で招くようなしぐさもたまりませんよ。
普段は上品にすましているからこそ、甘えてくるとそのギャップが大きく、可愛さが倍増するのかもしれません。

「ねこかます」というサイト

猫の動画投稿サイト

ある公園を舞台とした、茶トラの交流やキジトラとの争い、保護猫との戯れなど、猫の日常生活の動画をアップして公開しているサイトです。
猫の動画アップサイトとしてのみならず、野良猫の去勢をしたり保護も行ったりと、社会的行動もしています。

ねこかますの管理人かますは、猫との距離を縮めるスペシャリストであり、餌付けをせずに猫と仲良くなれます。
彼が現れると、そこら中の猫が近寄ってきます。
猫同士の縄張り争いの調停や、子猫の教育など最近はさらに活動の幅を広げているようです。

このような幅広い活動をしているせいか、しばしば掲示板での議論や当人への批判など、本人のいないところで争いが起きます。
もしも意見がある場合は、当人のブログやtwitterに連絡をした方がいいでしょう。

登場キャラクター

・ねこかます
サイト「ねこかます」の動画投稿主であり、ねこかますサイトの管理人です。
公園に出没はしていますが、あまり怪しがられることもなく、猫ともすぐ仲良くなれる不思議な人物です。

以下はねこかますに登場する猫の一部です。

・老茶トラ
茶トラ公園に出没する、ナンバー2猫。
ボス猫が去ったときは一時的にリーダーになります。

・老ボス
ボス猫であり、人には懐かない猫です。
かますに対しても威嚇をします。

・栗白
茶と白の毛のメス猫であり、老茶トラの妹です。
この公園の守護猫であり、かますにも懐きます。

・流れキジトラ
茶トラ公園に縄張りを広げようとしたオス猫であり、好戦的な性格であり、茶トラ公園には奇襲してねこ達を追い出そうとしましたが、ねこかますに籠絡させてしまいます。
現在は公園から立ち退き、安住の地を見つけて暮らしています。

・白サバ母
母猫であり、3匹の子猫がいます。
かますが子猫たちと遊んでいると、それを認めているようであり何も言ってきません。

・ミニ1号~3号
白サバの子猫たちです。
ミニ3号はねこかますのカバンが好きであり、台風が来てから姿は見られません。
ミニ1号は名前をカツオに改名され、公園で暮らします。
ミニ2号は避妊し、その後は人を避けています。

・白サバ姉さん
猫の中でも一番かますに懐く猫であり、右横腹の白斑点が目印です。
野良猫でありながら、飼い猫以上に懐きやすく、猫好きとはとても相性が良いです。

・茶トラ兄
隣町から遊びに来るオス猫です。
人に懐きやすく、去勢済みです。
昔は立派なタマを持っており、キンタの愛称で呼ばれることもあります。

・阿修羅
最近登場した目つきの鋭い白サバです。
よく暴れることが多いので、阿修羅と呼ばれています。
ただ暴れても暴力を振るうわけではなく、落ち着いており、他の猫を刺激することはありません。

・ムギワラ
高齢のメス猫です。
ある会社の寮にいた最後の猫であり、阿修羅と他の猫との仲裁を行いました。
2015年10月に息を引き取りました。

 

世界一胴が長い猫スチューウィ

ギネス記録に登録

もともとセラピーキャットとして、ネバダ州の病院などでセラピーを行う猫として活躍していた猫であり、ロビン・ヘンドリックソンさんによって飼われている猫です。
スチューウィはメインクーンであり、驚くべきはその動体の長さとしっぽの長さでしょう。

その長さはギネス記録にも登録されており、2011年に計測したときはしっぽの長さが41.5cmと世界一しっぽの長い猫として認定されました。
しっぽのみならず、鼻先からしっぽまでの長さは123cmと、これも世界一長い猫として認定されています。
全体を持つと1m以上も長さがあり、その長さは大人が抱えて持つとよくわかります。

ギネスに認定されるばかりでなく、キャットショーにも何度か出場しており、その毛並みはとても美しいです。
老人ホームなどでセラピーキャットとして活躍していましたが、癌が発症し1年間闘病生活をしていましたが、8歳という若さで亡くなりました。
最近は猫でも20歳以上も生きる場合も多い中で、8年間の生涯とは短く、やはり胴体が長いなどの事は体に負担がかかっていたのでしょうか。

そんなスチューウィの動画をご紹介します。
Meet The Record Breakers – ‘Stewie’, The World’s Longest Domestic Cat
こちらの動画はギネスワールドレコーズが取材したときの様子です。

世界一長生きした猫

それでは猫はどれぐらい寿命なのでしょうか?
猫は生後1年を過ぎると大人の猫となり、7歳を超えると高齢と言われています。
この頃では15年以上生きる猫も珍しくなくなってきており、20年以上生きる猫もいます。
そんな中、世界で一番長生きした猫は、クレームパフと名付けられた猫であり、1967年から38歳と3日まで生きました。
この記録は今でも破られておらず、ギネス記録にも認定されています。

飼い主のジェイク・ペリーさんは、クレームパフの前にもアレンという34歳まで生きた猫を飼っており、長生きさせる秘訣でもあるのかと聞いてみると、食事ではアスパラやベーコンなど、普通の猫が食べないような食べ物を与えていたようです。
しかしながら、食事の内容と寿命の関係は因果関係があるとは言えず、結局何が猫の寿命を長くしているのかはわかっていません。

猫の1年は人間で言うと4歳と言われています。
その関係で計算すると、クレームパフは38歳まで生きましたので、人間で言うと168歳というとてつもない長寿になります。
実際にクレームパフが38歳まで生きて、体の方はどうだったのか、体力や心配機能などの低下は大丈夫なのか、一人で歩くことは出来るのか、そのあたりが気になるところです。