You are here: Home / 有名な猫 / 俳優をしていた猫オランジー

俳優をしていた猫オランジー

オランジーとは

1950年代から60年代にかけて、俳優として活躍した猫であり、ハリウッド映画に出演していました。
動物トレーナーの人に訓練されて、オスカーの動物バージョンのパッツィ賞を2度も受賞しています。
デビュー作は1951年のルバーブであり、1961年のティファニーで朝食では、オードリー・ヘプバーンと共演し、その時に2度目のパッツィ賞を受賞しています。

正真正銘のニューヨークの猫であり、我々が望む猫と言われることもあります。
撮影中はよく逃げ出すことがあり、共演者を引っ掻いたりつばを吐いたりすることもあり、世界で最も意地の悪い猫とも呼ばれています。
このような態度も功を奏しているのか、パッツィ賞を2度受賞したのは、オランジーだけです。

以下は「ティファニーで朝食を」の最後のシーンであり、オランジーが登場しています。
breackfast at tiffanys

銀幕を賑わせる猫達

最近では日本でも猫や犬がテレビに出演するようになっていますが、オランジーの他にもハリウッドに出演した猫がいるのでご紹介します。

・パイワケット役
1958年の媚薬では、主演達に劣らない猫を求めて、パイワケット役になる猫を国中探し回りました。
ショートヘアの猫も検討された中で見つけたのが、1匹のシャム猫でした
他の猫と違いミステリアスな雰囲気を醸し出しており、魔女ギリアン役の主演女優とよく雰囲気がマッチした猫です。
撮影終了後には、パイワケット役には数匹の猫が使われましたがキム・ノヴァクが劇中で登場する猫の1匹を引き取り家で飼ったといわれています。
またパイワケット役の猫には、トップスター賞が贈られました。

・モリス
ヒンデールのヒューメイン・ソサイエティで見つけたこの猫は、キャットフードのCMに出演します。
その後はいくつかのCMにも登場し、1973年にはシェイマスに出演し、パッツィ賞を受賞しました。
とてもカリスマ性のあるこの猫は、ある種のシンボルともされ、未だに出演したCMの資料室には彼の写真を飾っているそうです。
また里親キャンペーンにも出演したことがあり、数々のメディアで使われた猫です。

・キティ
生殖器官に問題を抱えていたこの猫は、ブリーダーから見放されてしまいます。
しかしその後は映画界に引き取られ、1993年の奇跡の旅でデビューを果たします。
この猫は他と違い、45分もじっと座っていることが出来たので、最高の猫のアクターと評価されています。
またテレビのコメディ作品のキャロライン in N.Y.にも出演し、カリスマ性を見せつけました。
猫らしからぬ気ままさも時には見せずに、演技に集中することもあったので、共演している人物からの評価も高いです。