You are here: Home / 有名な猫 / 死を予知する猫オスカー

死を予知する猫オスカー

■死を予知する

動物という物は人間よりも敏感であり、地震が来たら犬が吠えるなど人間にはわからないことを察知する能力があります。
そんな動物がアメリカ・ロードアイランド州にホスピタル施設のSteere Houseには2005年から三毛猫のオスカーが飼われています。
彼はいつも施設内を気ままに移動しており、人とじゃれあったりすることはあまりないようですが、彼には驚くべき力があるようです。

施設内の死が迫っている患者さんを予知すると、その患者さんの傍らに寄り添い、ベッドの隅で丸くなって患者さんが息を引き取るまで寄り添うのです。
実際にこのことは日本のテレビでも取り上げられたことがあるので、知っている人もいるのではないでしょうか?

何故彼女はこんなことが出来るのか、研究によって明らかになったのは、医師によると死の間際に患者さんが発するケトンの匂いに反応しているのではないかということです。
その予知能力は人間よりも正確で、オスカーが添い寝している患者を見つけると家族に連絡を取るというように、今はすっかりその能力は信頼されているようです。
不思議なことに、施設では他の猫も飼われていますが、予知能力を持っているのはオスカーのみだそうです。

以下は病院を徘徊しているオスカーの様子です。
Oscar the Cat

■オスカーに命の危機

そんな死期を予知する能力のある彼女ですが、2013年11月にはオスカー自身にも命の危険が迫り、それは体調を崩したことから、一時は心停止になるほど危険な状態が訪れました。
しかし今は回復し、元気に施設内を動き回って以前のように予知能力を存分に発揮しているようです。
もしかすると死を予知するなど不吉に思えるかもしれませんが、病室でオスカーが寄り添ってくれることは、患者さんや家族がとても感謝しているそうです。
ただしこの予知のメカニズムは、はっきりとしたことまではわかっていませんが、患者さんとその家族の慰めとなっているのは確実です。

ある医師がオスカーについて書いた本は、アメリカではベストセラーとなっており、オスカー―天国への旅立ちを知らせる猫として日本でも訳されて出版されています。
また心優しい猫として、ホスピス財団からも表彰されています。

もしも死期が近い人間の体からはケトンという物質が発せられるというならば、それを感知する機械を作れば、人間にも死期を予知することは可能になるかもしれませんが、やはりオスカーがどのようなメカニズムで死期を感知しているのかはわからず、これからも研究が続けられるでしょう。
これからも間オスカーが元気に生活をして、施設内の人に寄り添って患者さんを看取ってくれることでしょう。