You are here: Home / 有名な猫 / 世界一胴が長い猫スチューウィ

世界一胴が長い猫スチューウィ

ギネス記録に登録

もともとセラピーキャットとして、ネバダ州の病院などでセラピーを行う猫として活躍していた猫であり、ロビン・ヘンドリックソンさんによって飼われている猫です。
スチューウィはメインクーンであり、驚くべきはその動体の長さとしっぽの長さでしょう。

その長さはギネス記録にも登録されており、2011年に計測したときはしっぽの長さが41.5cmと世界一しっぽの長い猫として認定されました。
しっぽのみならず、鼻先からしっぽまでの長さは123cmと、これも世界一長い猫として認定されています。
全体を持つと1m以上も長さがあり、その長さは大人が抱えて持つとよくわかります。

ギネスに認定されるばかりでなく、キャットショーにも何度か出場しており、その毛並みはとても美しいです。
老人ホームなどでセラピーキャットとして活躍していましたが、癌が発症し1年間闘病生活をしていましたが、8歳という若さで亡くなりました。
最近は猫でも20歳以上も生きる場合も多い中で、8年間の生涯とは短く、やはり胴体が長いなどの事は体に負担がかかっていたのでしょうか。

そんなスチューウィの動画をご紹介します。
Meet The Record Breakers – ‘Stewie’, The World’s Longest Domestic Cat
こちらの動画はギネスワールドレコーズが取材したときの様子です。

世界一長生きした猫

それでは猫はどれぐらい寿命なのでしょうか?
猫は生後1年を過ぎると大人の猫となり、7歳を超えると高齢と言われています。
この頃では15年以上生きる猫も珍しくなくなってきており、20年以上生きる猫もいます。
そんな中、世界で一番長生きした猫は、クレームパフと名付けられた猫であり、1967年から38歳と3日まで生きました。
この記録は今でも破られておらず、ギネス記録にも認定されています。

飼い主のジェイク・ペリーさんは、クレームパフの前にもアレンという34歳まで生きた猫を飼っており、長生きさせる秘訣でもあるのかと聞いてみると、食事ではアスパラやベーコンなど、普通の猫が食べないような食べ物を与えていたようです。
しかしながら、食事の内容と寿命の関係は因果関係があるとは言えず、結局何が猫の寿命を長くしているのかはわかっていません。

猫の1年は人間で言うと4歳と言われています。
その関係で計算すると、クレームパフは38歳まで生きましたので、人間で言うと168歳というとてつもない長寿になります。
実際にクレームパフが38歳まで生きて、体の方はどうだったのか、体力や心配機能などの低下は大丈夫なのか、一人で歩くことは出来るのか、そのあたりが気になるところです。