You are here: Home / 猫の紹介 / ペルシャ

ペルシャ

古い歴史を持つペルシャ

ペルシャは、純血種の猫で最も古い品種の1つに数えられ、その起源は定かではありません。
象形文字が使われた時代の古代文書にもペルシャを連想させる猫が記述されています。
従来の定説では、トルコを通ってイタリアへ入った猫がペルシャだと考えられていました。
しかし、最新の遺伝子研究により、ペルシャは西欧で成立した猫種ではないかとの説が有力になりつつあります。

18世紀頃には欧州各国の上流家庭で飼われる人気のペットとなり、英国で初めて行われたキャットショーに出され、19世紀には米国にまで輸出されています。
19世紀以降、長期にわたり、安定した人気を博していたペルシャですが、20世紀になると、より鼻が低くなるように交配が進められました。

ペルシャは他のいろいろな新しく作出される猫種の基礎に使われたり、異種交配の相手としても活用されてきた歴史があります。
歴史が古いだけに、様々な猫種の祖先となっている可能性があるのですね。
ペルシャが基礎である新種の猫種には、シャムとペルシャのハイブリッドで誕生したヒマラヤンやチンチラ等が有名です。

ペルシャの特徴や性格

ペルシャはフワフワ・モフモフの豊かな長毛に全身を覆われ、足は短足、ゴールド色の目は大きくパッチリで、鼻は低く、両耳の間は離れています。
短い体長ですが筋肉もきちんと付いている中型の猫です。

鼻の高さによって、伝統的なタイプのトラディショナルと、それよりさらに鼻が低いエクストリームの2つのタイプに分かれます。
成体の標準的な体重は3~5kg程度です。

性格は穏やかで落ち着きがあり、いかにも「上品」という表現が似合います。
人に甘えすぎず、かといって神経質でもなく、人との距離をうまくとってくれます。
短足なこともあり、高い所に上りたがることはなく、大声で鳴いたりもしませんので、存在を忘れるくらいの静かさも、上品さを際立たせます。
ゆったりとくつろぐことが好きなので、あまり興奮することもありません。
自立心も強いので、1人での留守番でも寂しがりませんが、飼い主家族はきちんと認識していますので安心ですよ。

可愛らしさがたまらない

そんなペルシャでも感情をハッキリ表すことがあるようです。
その動画がこちら。
https://goo.gl/z2xPfT
しばらく放っておかれて遊んでほしいのか、飼い主の足元に寄ってきて、足に首元から身体を繰り返し摺り寄せている、動画がありました。
それでもしばらく遊んであげないと、足元に座り込み大きな目をさらに大きく丸くして飼い主をじっと見つめていて愛くるしくて何とも言えません。

おねだりするように足で招くようなしぐさもたまりませんよ。
普段は上品にすましているからこそ、甘えてくるとそのギャップが大きく、可愛さが倍増するのかもしれません。