カテゴリー別アーカイブ: 面白・爆笑

You are here: Home / 面白・爆笑

美猫の恐ろしい寝顔(笑)

猫の寝相が悪くなったら

猫の寝顔猫は本来、とても慎重で警戒心が強いものです。
一日14時間以上は睡眠に費やすと言われていますが、その一番無防備とも言える睡眠時間にも警戒を怠ることがありません。
できるだけ高いところに寝床を取り、伏せの姿勢か丸まって寝ています。

寝る時のこうした習性は、敵に襲われたとしてもいつでも起き上がって逃げられるようにしてるためで、普通は仰向けや横になって寝ることはしません。
しかし、家で飼われている猫の中には、仰向けになって堂々と寝ている猫もいます。

これは、家の中や一緒にいる飼い主が安心できることの証であり、自分のことを守ってくれると確信しているからです。
そのため、飼い始めの頃は行儀よく寝ていた猫が、だんだんと寝相が悪くなってくるというのはよくあることで、飼い主にとっては信頼を得たしるしとなって、喜ばしいことなのです。

中には安心し過ぎてすごい寝方をする猫も

寝相が崩れてきたことは、信頼の証となりますが、中にはあまりに信頼が過ぎるのか、見ていられないほどにすごい寝相の悪さを披露する猫もいます。
ここに紹介する猫もその一匹で、恐ろしさを感じるほどです。
(参考)
美猫「セツ」による驚愕の寝顔写真まとめ

普段の顔は確かに美猫と言うようにかわいいい猫なのですが、一度眠りに落ちるとその顔が一変します。
口が半開きになり、ソファに顔をもたげているためか顔が崩れて見えます。
そして、なにより恐ろしいのが白目をむいてそのまま眠っていることでしょう。

もはやホラーとも言えるような顔になってしまっていて、生きているのか死んでいるのか判別できないほどです。
あまりに熟睡し過ぎでしょう。

猫も夢を見る

目を開けて寝てしまう猫はたまにいますが、その目を観察していると、ぐるぐると動いているのが分かります。
それもちょっと怖い風景なのですが、人間と同じようにレム睡眠、ノンレム睡眠の周期を持っていることが理解できます。
レム睡眠、ノンレム睡眠とは、眠りの深さのことで、眠りが浅いときに眼球が動く特徴があります。

そして、猫も人間と同じように夢を見ることも分かっています。
確かに、眠りながら、走っているかのように足をバタバタさせていることもありますし、何かに驚いたように急にがばっと起き上がることもあります。
猫の夢もリアルなものであるようで、苦しそうにうなっている時もあって、幸せな夢ばかりではないようです。

もっとも、この白目をむくほど熟睡してしまっている「セツ」は、きっといい夢を見ているのでしょう。
こうなるまで、深く眠りに落ちられるというのは、夢の中で怖さを感じていないからでしょうし、よっぽど家と飼い主を信頼していることの証拠でしょう。

マリオと猫のジャンプ

マリオに見事に反応する猫

ご紹介する動画は、猫が見事に真理の効果音に合わせて反応する様子を収めています。
猫の反応の良さにはびっくりさせられますし、ついついクスッと笑ってしまうこと間違いなしです。
(参考)
Cat Scared of Mario jump

お決まりのマリオの効果音が流れてくる中、一匹の猫が部屋に入ってきます。
すでにこの時点でしっぽを高々と上げていて、警戒感が丸出しの状態です。
その効果音の中部屋を歩いていると、突然マリオがジャンプする音が流れます。

すると、体をくの字に曲げながらその場で飛び跳ねるのです。
しかも一回ではありません。
飼い主がマリオをジャンプさせる度、ジャンプの効果音が鳴る度、猫が同じようにその場で何回も跳ねます。

いかにも驚いて飛び跳ねてしまっている様子なのですが、その様子がいかにも滑稽でクスクスが止まりません。
そのタイミングも完璧で、ジャンプの効果音と完全にシンクロして飛んでいます。
何がこの猫をそこまでびっくりさせるのか分かりませんが、よほどのショックを与えているのでしょう。

猫は音に敏感

この動画のように、何かの音に反応して突拍子もない行動を取る猫は多くいます。
というのは、猫はとても音に敏感で、周囲の音を頼りに行動を決めているからです。
特に、通常では聞かれないような大きく変わった音を聞くと、本能的に回避行動を取るようで、飛び跳ねたり物陰に隠れたりします。

そうした本能とも言える猫の習性が、マリオジャンプを引き起こしたのでしょう。
どの猫も同じ音に反応するわけではありませんが、何かが割れる音や叩く音、はじける音などにはとても大きなリアクションをします。
この猫にとっては、ジャンプの効果音は同じ種類の音に聞こえているようです。

驚異的な猫の聴覚

また、猫の聴覚はとても優れていて、犬よりも敏感だとされています。
特に、高音域の音を聞き分ける能力に長けていて、人間がとても聞き取れないような音、たとえば超音波さえも聞こえるのです。
そのため、ネズミが遠くで鳴いていても、かすかな足音でも聞き取ることができ、獲物の位置を正確に把握できるのです。

一方、猫の視力はそれほど良くなく、10メートルも離れると物体をしっかりと見分けることが難しくなります。
それで、物の位置関係や危険情報などを聴覚に頼っているのです。
たとえ危険を与える物が目に見えないとしても、異常な音が聞こえたら本能的に回避行動を取ります。

こうした猫独特の能力がこんな滑稽な動画を生み出したのでしょう。
喜んで猫もこんなアクションを起こしているわけではないので、見ていると楽しいとはいえ、ちょっとかわいそうな気もしますね。
時々思いも寄らぬ行動を取ることがありますので、よく観察してみると猫の意外な一面を知ることができるかもしれません。

 

しゃべる猫は意外と多い?!

猫と会話したい

しゃべる猫気分屋という一面を持つ猫の感情を知りたいと思う飼い主は多いことでしょう。
もちろん、表情やしっぽの動きなどによって、ある程度の感情を推しはかることはできますが、正確には知ることができませんし、それ以上のコミュニケーションを取りたいと思うものです。

やはりコミュニケーションの第一手段は会話ですので、猫などのペットと会話をしたいというのは、ペットを持つ人たちの自然な気持ちです。
そのため、相手が理解してくれない、言葉で返してくれないと知っていても、ペットにずっと話しかける人も多いのです。

こうした気持ちを反映してか、古今東西を問わず、ペットが何かしらの言葉を話すということに驚き、また喜び、その様子をインターネットの動画サイトにアップしている人が大勢います。
もちろん、明らかに空耳としか考えられないような鳴き声の猫もいますが、中にははっきりと言葉を発しているなと感じられる猫もいます。
どの程度まで猫が理解して言葉らしきものをしゃべっているのかは不明ですが、飼い主とのやり取りをしている猫もいて、とても興味深いものがあります。

「No」と言う猫は多い

外国からの投稿動画を見てみると、「No,No」と言っている猫の様子が比較的多く見つけられます。

(参考)
Cat saying “OH, NO NO NO”

猫の鳴き声と近い発音ですから、「No」と言うのは簡単なのでしょうか。
それにしても、はっきりと「No」と言っているように聞こえるので、普通に鳴いているのとは違って何かしらの意志を伝えていることが分かります。
タイミング良く「No」と言っていることもありますので、ある程度その意味を理解しているのかな、とさえ思えます。

日本語でもしゃべる猫は意外といる

しゃべる猫というのは外国だけでなく、日本でも意外といるようです。
あいさつのような簡単な言葉や、怒った時に発する言葉などがあって、猫が話す様子を見ると楽しくなります。
飼い主のペットをかわいがる気持ちも入って、ちょっと無理があるなという空耳動画もありますが、中にははっきりと単語を聞き取れるものもあります。

このように、猫がしゃべるというのは、たまたまそう聞こえているだけ、というケースが多いのですが、猫に訓練を施していくつかの単語を覚えさせている飼い主もいます。
もちろん、何でもしゃべれるわけではありませんし、猫によってできるできないはあるでしょう。

しかし、ちょっとした単語でも猫がしゃべってくれたらとてもかわいいですし、猫との距離もぐっと縮まります。
なかなか難しいチャレンジですが、繰り返し話しかけて言葉を覚えてくれるように教えてみるのも楽しいですね。
猫の鳴き声に近いフレーズを選んで、餌をあげる時などに練習してみると良いでしょう。

 

 

おはようとははっきりしゃべる猫

人間の言葉をしゃべる猫がいる

喋りそうな猫猫の魅力の1つとして、かわいい鳴き声を挙げる人もいます。
いろいろなトーンで鳴くので、感情を察知したり何かを求めているのを知ったりすることができます。
それだけでなく、猫の中には人間の言葉を話せるものをいるというのです。

もちろん、コミュニケーションが取れるというわけではありませんが、人間の言葉をまねるのでしょうか、日本語の単語そっくりに話す猫がいます。
単なる空耳だと思えるものもありますが、あきらかにタイミングよくしゃべる猫もいますので、ある程度納得できるものもあります。

しっかりと「おはよう」と言っている

その中でも、この猫ははっきりと「おはよう」と言っているのが分かります。
しかも、飼い主に答える形でしゃべっていますので、かわいさも倍増です。

(参考)
しゃべる猫マーヤ 

ユーチューブを始め動画サイトには、たくさんのしゃべる猫の動画がアップされていますが、その中でもこの猫のしゃべりははっきりしています。
誰が聞いても「おはよう」と言っているように聞こえるでしょう。
ここまではっきりとした発音ができる猫も珍しいですね。

飼い主の方も、よほどこの受け答えが気に入っているのか、何回もリピートしていますね。
その気持ちが分かるほど、猫が忠実に「おはよう」と言ってくれます。

練習すればしゃべれるようになるのか?

どういった経緯で猫が何らかの言葉をしゃべれるようになるかは不明ですが、やはり飼い主が繰り返し言っている言葉を聞いて、それを覚えてまねしているというケースが多いようです。
そのため、あいさつの言葉や日常生活でよく聞くフレーズを話すことが多い傾向にあります。

これは見方を変えると、繰り返し何らかの言葉を聞かせて練習させれば、猫も何らかの言葉をしゃべれるということにつながるのでしょうか?
残念ながら、そう簡単にはいかないようです。
たくさんの飼い主が言葉を覚えさせようと、いろいろな練習をチャレンジしていますが、成功率はかなり低くなっています。

やはり、人間と猫では発声のシステムが違いますので、しゃべれる単語とそうでないものがあるようです。
猫の鳴き声のトーンに似た単語であれば、しゃべれる可能性は出てきますが、おおよそ鳴き声とは異なる言葉となると、かなり難しいでしょう。

もし何かの言葉を覚えてもらいたいのであれば、繰り返し反復して聞かせてあげることと、なでる前や餌をあげる前などに練習をして、ご褒美をあげるというパターンを作ってあげると良いでしょう。
猫の性格や能力によっても異なるものですので、結果は期待せずにいろいろな言葉を試してみるのが最善です。
もしかすると、繰り返し練習しているうちに、1つでも言葉をまねてくれるかもしれません。

 

ジャンプ失敗?!落下猫の恐怖

猫もベランダからおちる?猫だって落ちることがあるんです!

猫と言えば、いつも身軽にとんでいるというイメージがありますが、実はタイミングが悪いと落ちることがあります。まさに「猫もベランダから落ちる」。猫も、いつもいつも身軽にいることができるわけではないということですね。
そんな猫の失敗について、特集をしてみました。
「猫もこんな失敗をするのか!」と思うと、なんだかびっくりしてしまいますね。

猫もタクシーから落ちる(笑)

こちら、葛飾タクシーの上にのっている猫。

タクシーの上でのんびりと時間を過ごし、時に車をつついてみたりしてちょっと興味を持ち出しているのですが、なぜかとつぜんヘッドライトに絡みつくなどの動作を行います。
「いったい何をしたいの?」と思うのですが、ヘッドライトからなかなか離れようとしません。

しばらくそのまま見守っていると、猫はなんと窓の細いふちを何食わぬ顔で歩き出そうとするではありませんか!窓が閉まっているので、そこを歩くことはまず無理なのに、「俺にはできるんだぜ」と言わんばかりの様子。
でも、次の瞬間足を踏み外して、やっぱり落ちてしまいます(笑)。
そのあと、ごまかし方が面白いw

この一連の動作を撮影していたのが凄いですね。「猫もこういうことやっちゃうんだね」ということが、わかる動画になっています。

猫もキャットタワーから落ちる

猫が大好きなキャットタワー。
キャットタワーは、上下運動が大好きな猫にとって欠かすことができないアイテムです。

猫は木の上で生活をしていたことがあったので、低いところより高いところの方が落ち着くみたいですね。
でも、時にはこうやって木から落ちてしまうこともあるそうです。

これは、猫がキャットタワーの一番上でくつろいでいた時にポインタを当てていたのですが、そのポインタを狙った猫が謝って下に落ちてしまうというもの。落ちた時、なんだかチーンと音がしましたが何かにぶつかってしまったのでしょうか?その後が心配です。

また、キャットタワーと言えばこちらも。
子猫が棚にのぼったものの、降りられなくなってしまいました。
子猫というのは「上ったのはいいけど、降りられない」ということをたびたびやらかすことがあります。

この動画でも子猫がその状態になり、飼い主に一生懸命助けを求めるのですが、飼い主は自分でどうにかできるだろうと思って手をかしません。そんな時、猫が足を滑らせて落ちてしまいます。
その後は何ともなかったみたいですが、ヒヤリとする動画でした。

でもまあ、こうやって猫は失敗をしながら大きくなっていくわけで、そう考えれば成長のかていのひとつなのかもしれません。でも、あまり小さい時にやると命に係わることもあるので気を付けましょう。